読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今を仰ぐひまわり

心も頭も、感じるままに。そのままに。

曖昧さに答えなんて

本当の本当で言ったら、
どちらかに決めなきゃいけないとしたら、
曖昧なままにしておいてはいけないなら、
私は寂しいのだと思う。


それを真正面から見たら、
自分のものだと認めたら、
誰のせいにもしなかったら、
はっきりしないものになった。


無理して形にしなくていい。
強引に戦わなくていい。
でも逃げて隠れなくてもいい。


怖いものじゃないって事だ。


何を言っても何をしても誰かと似てしまう自分に、
どこに行っても誰といても完全になれない自分に、
そんなに呆れなくてもいい。
だってみんな似てるんだから。


大声で『自分らしい』って言ってる誰かの言葉だって、似ている所があるから胸に響くんだ。


寂しいのは、『自分だけが』と思うから。
言葉は悪いけど、あの人もこの人も大して変わらないって思えたら、
自分だけじゃなくて世界中を好きになれるんだと思う。
私自身、はやく、そしてもっとそうなれたらいいのにと願わずにいられない。


寂しさを曖昧にしておけるようになったのは、自分を異物だと思わなくなってきた証拠みたいで、少し安心したりした。

異物でもかまわないと思えてきたみたいで、少し嬉しくなったりした。


そんな私は異物でも何でもない、誰かと似ているようで違っていたい、でも何も変わらない、いたって曖昧な存在だ。

そしてその事が良いと思う日もあれば苦しくなる時もある、曖昧な日々を確かに送っている。

ろくでもないまま、生きてく。

私はろくなもんじゃない。
私はずるくて汚い。
私は卑怯で醜い。


だけど、『私は素晴らしい』と思いたくて今日も生きてる。


証拠を掴みたくて今日も生きてる。


生きていかないとわからないから、生きてる。

仕方なしにじゃなくて、自分の意志で。


死んだらわかる事を、ここで確かめたくて生きてる。

人間としてわかりたいから生きてる。


だから今日もこのまんまで生きる。

死んだようにじゃなくて、喜怒哀楽を抱えて。


それこそが素晴らしいはずだと、今はまだ言い聞かせながら。

方程式を解くカギ。

方程式って答えのわからない文字が入っている式だそうです。


前回の記事で、計算の式を例えに挙げて思いました。

私達の悩みや迷いの答えは、このアルファベットの正体が掴めれば、自然と出てくるんじゃないかなぁって。


自分自身、このアルファベットに何を入れれば正解かがわからない。

自分の決断か、誰かの言葉か、何かを捨てる事か。
 

それこそ自分との向き合いでしか出てこない数字なんでしょうね。


そしてその方程式は、『=幸せ』で完成。
すごくシンプルなはずなのに、式の途中のたった1つがわからないだけで大混乱ですね。


でも案外簡単な事だったりするのかなぁ。
自分の中に絶対に答えがあるから成り立つんでしょうから。


わかってても、当てはめる決心がつかなかったり、これじゃない!って思い込み過ぎてたりするのかもしれませんね。
これは嫌だ!って拒否してたり。
全部片っ端から当てはめていける逞しさがあったら、どんどん解いていけるのかもしれませんね。


読んでいただいて、ありがとうございました。

広告を非表示にする

間違ってない。

悩んでいるって事は、もう解決へスタートを切っている。


自分を認める事ができた時、どこからが始まりだったのか考えました。


自分を好きになろうと決意した時か。
でもそれは、それでいいのか迷った日々があったからで、その迷った日々は、苦しかった時間があったから生まれた。
苦しいと思ったのは、ふと疑問を感じたからで、その疑問は自分が自分だったから出てきた。


全部まとめてが、1つの答えになってる気がしました。

算数でいうと、悩んでいる迷っている最中は、計算中。式の途中。

それがないと、=○○の答えに辿り着かない。

割り算か掛け算か。足し算か引き算か。
もっと難しい問題かもしれない。


でも問題が出てきた時から、疑問が浮かんだ時から、何でだろう、これでいいのかって悩んで迷って、全然わからないって苦しんで、いつになったら終わるんだって悲しんで、
私達は答えを出そうとしている。


自分が自分に疑問を感じて、何か違うと思った時から、もう=(イコール)は用意されている。


今はその真っ只中なんだと、
だからなんの心配もいらないんだと、
そう信じていく事の連続が、=の向こうへの、自分がこれでいいと思える答えへの、最短距離なんじゃないかなと、私は感じています。


私自身も、今も疑問の真っ只中です。
だけど1度、私は1つ答えに辿り着いてる。
だから新しい疑問も、きっと答えに辿り着けると、今はその途中なんだと信じます。
言い聞かせる、の方が近いかな。
少しかっこよく言い過ぎたかも。


今のこの時間は、思いは、考えは、感覚は、きっと間違ってない。
それを急に伝えたくなりました。


今日も読んでいただいた皆様、ありがとうございました。

広告を非表示にする

泣かないで。

誰かが『泣かないで』と、
私が泣くのを悲しんでくれたら、
あの時どんなに救われただろう。


そのあと私が笑ったのを見て、
ホッと安心してくれたら、
あの時どんなに勇気づけられただろう。


もし今、あなたが悲しくて苦しくて、
1人ぼっちだと思っていたら、
とても伝えたい事があります。


どうか泣かないで。


それでも涙が出てきて止まらない時は、
泣き止んだら、どうか笑って。

広告を非表示にする

時を越えて

過去に何があろうと、
深い傷があろうと、
胸の痛みが残ろうと、


今、この瞬間に生きている時点で、
それはもう、乗り越えている。
人生は終わらなかったんだから。


ひと息つく時に、ふと思い出した時に、1日の終わりに、あえて確認する。


今、ここで生きてる。


今日あった色んな事。
明日も悩みそうな事。
終わりそうもない事。


それでも今、少しだけ外側から、生きてる事を確認する隙間がある。


きっと今日は乗り越えた。
明日もまた、同じ様に確認できるといい。


時間が過ぎたという事は、その時間を乗り越えたという事。


1秒1秒、越えて越えて、どこを目指すかだけ、考えられたらいい。


どこに行くか決まったら、
一瞬一瞬、時を越えて越えて、
そこに近づいていってる。

広告を非表示にする

ピンチヒッター

見た目なんて関係ないと
鏡を気にして私はヘコむ


頭でわかっていることは
なかなかお腹まで落ちていかない
頭でしかわかってない


目が大きかったら
顔が小さかったら
背が高かったら
小柄だったら
痩せていたら
男らしかったら


お金持ちだったら
苦労していたら
才能があったら
平凡に生きれたら

違う人間になれたら
私じゃなくなれたら


あなたじゃなくなったら
あなたの代わりがいなくなる


自分は自分のピンチヒッター


ここでどうするかで試合が決まる


覚悟を決めろ 試合を動かせ

広告を非表示にする