読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今を仰ぐひまわり

心も頭も、感じるままに。そのままに。

日々の中に彩りを。

変化がない日々に、何も起こらない日々に、『何かやらなきゃ!』と探さなくなったら、とても楽になった。


やる事を探して増やさなくても、本当は目の前にある。
些細な事に感じて、小さな事に感じて、それだと満足が出来なかっただけだった。


宿題をやらないと、宿題が頭の片隅に残ってる。
借りた物を返さないと、返さなきゃ!が残ってる。

今の自分の日々を『日常』にしないと、新しい事なんか始まらないんじゃないか、そんな気がしました。

これじゃない!って思って、1日1日を特別扱いしていると、毎日が非日常になってしまう。

この日常の場所で、特別な非日常を味わえている事になるのかもな…と思いました。

今、ここの、この自分が、現在の自分全てなんだと、寂しいけど認める。

もっとやれる、とか、こんなもんじゃない、とか、どんなもんにも、今現在なれていないんだから。

淡々と続く仕事、毎日の家事、嫌々やってる人間関係とか、殻に閉じ籠ってる自分とか、
『いつか劇的な変化があったら全力で実力を出す』のではなくて、
『劇的な変化が無くても精一杯取り組む』事でクリア出来たら、ゲームみたいに新しい場所へ変化するのだと思いたい。

『ほんとは、これをしっかりやらなきゃなぁ…』が頭の片隅にありませんか?

私はあります。ありました。
今日も、変わらなく見える日常に取り組みます。

しっかりばっかりじゃ疲れちゃうから、
時々サボりながら。
こまめに休憩とりながら。

そして、毎日の中に彩りをつけたいです。


読んでいただいて、ありがとうございました。