読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今を仰ぐひまわり

心も頭も、感じるままに。そのままに。

過去に、勝たない。

私はずっと、過去を意識して暮らしていました。
自分を受け入れたと思えてからも。

自分を大事に思える。
幸せを選ぶと、決めた。
過去は過去でいいんだと思えた。


それなのになぜこんなに行き止まり感が拭えないのか、ずっとずっと考えてきました。


これは過去からきているのか、今の私で考えているのかが、解からない時ばかりがありました。


現在進行形で湧き上がる感情の裏で、過去の映像や感情が同時に再生されて、このままではいけない!と何とかしようとして、結果的に繰り返してしまっている不安と後悔を、ずっと抱えていました。


私は怖かった。
過去を認める事は出来たけど、今の自分が過去の自分ではない保証がどこにもなかったから。


今の自分は過去に胸を張れる自分かどうか、
それが不安な事に、やっと気がつきました。


『過去に、負けない』と先日ブログに書いたけど、勝つ必要も無いんです。

憎んだり嫌ったりなんか、もうしていない。
ただ、私が追いかけられてる気がしていただけだった。


今、過去は出てきても隣にいます。
感情の高ぶりが過去と重なる時、
『呑み込まれないよ』って伝えます。
その時と今は違うよ。人も時間も私自身も変わっているよって伝えます。


けれど過去も確かに私の一部だから、全否定をしたくはないんです。

だから、隣にいます。
少し怖くなる時もあるけど、そこで見ているといいよって、伝えます。


もしかしたら本当に過去の感情も混ざってしまっているかもしれない。


でも、それでも構わないと思いました。
その上で、自分でどうするかを決める。

あの時のせいで、私はこうしてしまうんだ…をやめようと思いました。


今の自分がしている事を、過去のせいにしないでいくのは、正直怖いです。


拠り所が無くなる。逃げ道が無くなる。
言い訳が出来なくなる。

無条件の自分がどんなに嫌な奴でも、情けなくても、みっともなくても、誰の何のせいにも出来なくなるんだから。


自分の人格に、理由付けが出来なくなる。
こんな過去があったから……が、自分に通用しなくなる。


だけどやってみたいと思いました。
それが出来てやっと私は、本当に過去から抜け出せた事になるのではないかな、と思いました。


未来を願う事を自分に許して、
今の自分を認める所から始まって、
出てくる感情を認めて、受け入れて、
過去への感情を認めて、受け入れて、
未来を信じるようになった。


消し去るのではなくて、過去から離れて自分で歩き出さなければ、過去を過去に出来ない気が、今はしています。


私の過去だから、ずっと繋がっているでしょう。
これから先もずっと、この一生が終わるまで。


私は過去に見せてあげたいんです。
過去の私も望んでいた事を、
そんな奇跡みたいな事が起こるわけ無いと思いながらも、本当は待ち望んでいた、自分自身が幸せになっている未来を、過去に見せてあげたいんです。


あなたという過去から、何1つ交換せず、入れ替えず、そのままのあなたの延長に、幸せを感じている私がいるよって、見せてやるんだって決めました。


きっと私はまた迷うし悩む。
その時過去は心配そうに、不安そうに、申し訳なさそうに、自分の責任か?と顔を出す。


違うよ、と言える自分でいたいです。
違うよと、これは今の私の問題だから、私が受け持つよと、言ってあげたいと思える様になりました。


過去に言いたい事があります。


いってきます。
もうあなたを、自分を怖がる理由にはしません。

あなたがいる事を、自分を嫌っていい理由にしていました。
ごめんね。

あなたがいなくても、自分を嫌わない自分になる。

あなた抜きの私が嫌な奴でも、認めて受け入れる自分でいる。

そう思える様になれたのは、間違いなくあなたがいてくれたお陰です。

そこから見ててね。
『ああ、良かった。自分から繋がってもちゃんと幸せだ』って、あなたが安心していられる私になる。

いってきます。

ゆっくり、休んでね。

自分を抹消してしまいたいと思っていたあなたを、とても大切に思っています。

ありがとう。
あなたがいて良かった。