読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今を仰ぐひまわり

心も頭も、感じるままに。そのままに。

まんまるな欠けてる円

ニュース見て、ネット見て、人と話して、
なるべく中立でいようとすればするほど、
正しい事だけ考えようとしていて、
中間だけを見ようとしていて、
真っ正面だけ見ようとしていて、
結局は全く真ん中を取れていない事に気づくまでに、
いつも失敗したり、暴走したりして気づく。
偏りすぎてからハッとする。


客観的に見ているつもりで、冷静に見ているつもりで、
外堀だけ、静かな方だけ見てしまっている。


正しい方だけが正しかったら、私はとっくに人間失格なんだった。


迷惑な奴が逆ギレして、我慢してる奴が自分を責めて、不倫した奴が被害者ぶって、浮気された方は束縛して、幸せな奴が幸せになりたいって言って、不幸な奴が自分はそんな権利無いって言って、子供を叱った後に自分を責めて、ごめんなさいってママに謝った後にムカついて、死にたい死にたいって騒いでいる奴が生きてて、生きたくてたまらない人が亡くなってる。


それが全部正解だ。


ずっと考えてるけど、どんなにやっても全部の中間はとれない。


優しい人だって、怒れない欠点がある。


誰にだって欠けてる点がある。


日々目まぐるしい中で、自分を保っていられなくて苦しくなるなら、
保たなきゃいいんだね、きっと。


それが出来たら苦労しねーよって、腹を立てるのだって自由のはずだった。


それで世の中は回ってる。


ぐるぐるぐるぐる、終わりか始まりか、どこが区切りかわからないまま。


どこが真ん中かわからないのが真ん中。
ハッキリしないのが真ん中。


円のどこにもスタートとゴールは無い。
自分で決めるだけだ。


丸い地球のどこにも、たった1つの正解なんて無い。
たった1人、自分で正解だと思えばいいだけだ。


頭で理解していても、そんな風に生ききれない。


でももうそれでいい。
丸い地球の中の、自分っていう点がスタートでゴール。
そしてその点はみんな、どこか欠けてる部分を持ってる。
だから完全な丸にはならない。


完全な中間も無い。
正論の反対も正論だ。


みんな自分なりに楽しくやりたいだけだ。
なんとか幸せ見つけようとしているだけだ。
どっかで欠けを作りながら。


そんな風に思いきれたら、私はもっと、今より私を好きになる。


読んでいただいたみなさん、ありがとうございました。